HOME >  化学物質用語集 >  化学物質用語集 ま行
Career Partners

化学物質用語集

概要


化学物質管理の世界では、普段の生活で耳にしないような言葉や業界独自のフレーズも少なくありません。 化学物質に関する言葉を理解することは、実務を円滑に進めたり、業務への理解を深める近道でもあります。

メタン(CH4)


温室効果ガスの一つ。単位量あたりの温室効果は二酸化炭素の21倍と大きい。メタンの主な人為的発生源としては、農業(家畜の反すう、糞尿や水田等)や廃棄物の埋立地、燃料の燃焼・取扱時の漏出などがある。

また、メタン分子の周りを水の分子が取り囲んだ氷状の固体結晶(メタンハイドレード)として、 海底下の地層の中に低温高圧の状態で存在していることが確認されている。火をつけると燃えることから、「燃える氷」とも呼ばれており、 エネルギー資源に乏しい日本において、国産の次世代資源として開発計画が進められている。

引用webサイト…環境アセスメント用語集(環境省)

関連する分野、法律、国など:温室効果ガス ①地球温暖化対策の推進に関する法律(温対法)

関連するセミナー:化学物質管理セミナー

モノマー


特定のプロセスに用いられる該当するポリマー生成反応の条件下で、 追加の類似または非類似の分子のシーケンスと共有結合を形成することができる物質を意味する。

引用webサイト…欧州の化学品規則(REACH/CLP)に関する解説書:経済産業省

関連する分野、法律、国など:環境一般

関連するセミナー:化学物質管理セミナー

Career Partners 
セミナー&お知らせ