HOME >  化学物質管理サービスについて >  化学物質管理セミナー

化学物質管理サービスについて

サービス概要


化学物質による健康や環境への著しい影響を最小とする為に、『国際的な化学物質管理のための戦略的アプローチ』(Strategic Approach to International Chemicals Management, SAICAM)が策定され、それに向かって各国が様々な取組を行っています。また、金融市場でも、『環境経営をしない企業には投資しない』と言う方向性になっており、化学物質管理は待ったなしの経営課題です。
キャリアパートナーズでは、これらの動きに対応する為、『製品含有化学物質管理』の支援を行っております。

サービス内容


集合セミナー

製品含有化学物質情報を顧客へ提供するためのツール『chemSHERPA-CI/AI』の使い方、および、製品含有化学物質管理に必要な『EU RoHS/REACH』の最新情報や『仕組み構築の重要性』についてその概要を解説する集合セミナーを、『東京』、『大阪』を中心に毎月開催しています。

セミナーと主な内容


解説レベル :詳しく解説  :基本的な事項を解説  :参考程度

項目 chemSHERPA
(ケムシェルパ)実務者講座
有料導入セミナー
(製品含有化学物質 情報伝達の実践)
無料導入セミナー
(製品含有化学物質管理の基礎)
製品含有化学物質規則の最新情報(EU RoHS/REACH)
化学物質管理の仕組み構築の重要性
JIS Z 7201と管理ガイドラインの詳細
chemSHERPA-CI/AI(ケムシェルパCI/AI)を使った情報伝達(演習を含む)

ケムシェルパ実務者講座:実務者向け(公認講座)


ケムシェルパ実務者講座

(アーティクルマネジメント推進協議会ウェブサイトより引用)

◆目的:

・製品含有化学物質情報伝達の仕組みchemSHERPA(ケムシェルパ)の理解(実務において授受を可能とするレベル)。

◆対象者:

・サプライチェーンにおける製品含有化学物質情報を開示・伝達する実務担当者

・含有化学物質情報調査回答部署の責任者

chemSHERPA(ケムシェルパ)実務者講座

有料導入セミナー:初級実務者向け 製品含有化学物質 情報伝達の実践


有料導入セミナー:実務者向け 製品含有化学物質 情報伝達の実践 chemSHERPA(ケムシェルパ)とは?

◆目的:

・「chemSHERPA(ケムシェルパ)」を使った情報伝達の方法について理解する。

・chemSHERPA-CI/AI(ケムシェルパCI/AI)のデータ作成について、基本的な操作方法を習得し、新たなスキームへの移行が効率的に進むようサポートする。

◆対象者:

・製品含有化学物質の情報授受に初めて取り組まれる方。

・製品含有化学物質の情報授受に関する業務全般を管理されている方。

実務者向け 製品含有化学物質 情報伝達の実践

無料導入セミナー:初級者向け 製品含有化学物質管理の基礎


初級者向け 製品含有化学物質管理の基礎

◆目的:

・欧州を中心とした化学物質規制について理解すると共に、ハザード管理からリスク管理への転換を図るために何が必要かを学ぶ。

・製品含有化学物質管理の仕組みをどのように構築すべきか、その進め方について、中小企業の事例を通して学ぶ。

◆対象者:

・製品含有化学物質管理に初めて取り組まれる方。

・企業の経営者、管理職など、環境関連のリソースを決定される方。

初級者向け 製品含有化学物質管理の基礎

◆関連サービス


お見積り
指導会

お見積り
環境報告書
作成代行
監査代行
サービス
情報伝達ツールに関する
アンケート
Career Partners 
セミナー&お知らせ