HOME >  EHS総合研究所 所長経歴・活動内容

EHS総合研究所

EHS(環境・安全・衛生)


古くは公害、化学物質による汚染が大きな問題となりましたが、現在もなくなったわけではありません。さらに、気候変動問題などが、企業経営に大きな影響を与える課題として、日本の企業でも捉えられるようになってきています。持続可能な社会の実現は不可欠であり、その過程でEHS問題はリスクではなく、適切に対応することで、ビジネス機会となります。また、サーキュラー・エコノミー、ナノテクノロジー等の材料開発は、EHS問題の解決のためにも発展が望まれます。

EHS総合研究所 所長:則武 祐二(のりたけ ゆうじ)

所長挨拶


持続可能な社会の構築。気候変動をはじめとしてEHSが目指さなければならないのは持続可能な社会です。企業は受け身で法規制に対応するのではなく、グローバルな課題に対して、バリューチェーンを通して社会の期待に応えていくことが必要です。一方で、国際的な機関の推計によると、アスベスト災害による世界の死者が20万人を超え、気候変動の影響による災害の死者が100万人を超えています。

当研究所のEHSに関する知見の提供等により、人材育成を通して、適切に人材が活用され、持続可能な社会構築の一助になれば幸いです。

コラム


キャリアパートナーズ

所長経歴・活動内容

則武 祐二(のりたけ ゆうじ) 略歴

  • 1979年 3月

    関西大学工学部応用化学科 卒業


    1979年 3月~現在

    株式会社リコー入社

    主に化学物質管理、製品環境性能評価、LCA、環境情報システム開発、
    資源循環等の環境マネジメント全般、労働衛生管理に従事。

    下記を経て、リコー経済社会研究所 顧問(現職)
    社会環境本部 環境経営推進室長
    社会環境本部 審議役
    リコー経済社会研究所 顧問/主席研究員


社外活動


ナノテクノロジー標準化・環境安全分科会委員
ITO/TC229/WG3「ナノテクノロジー・環境安全衛生」国際エキスパート
ナノテクノロジービジネス推進協議会(NBCI)ナノ材料安全研究会主査
グリーン購入ネットワーク代表理事
CE-MVC(サーキュラーエコノミー マルチバリュー循環)研究会幹事 等

※社外活動実績※
環境管理規格審議委員会環境パフォーマンス評価小委員会 委員
ナノテクノロジー標準化 委員
ナノテクノロジー標準化・環境安全分科会 主査もしくは副主査
英国IEMA登録環境監査員

資格


・技術士(環境部門)
・労働安全衛生コンサルタント
・環境計量士
・第1種作業環境測定士(有機溶剤、粉塵、特別化学物質、金属)
・公害防止管理者(騒音・振動)
・第2種放射線取扱主任者

会社概要


EHS総合研究所 運営事務局(株式会社キャリアパートナーズ)

〒163-0646 東京都新宿区西新宿1-25-1
新宿センタービル46階 TEL 03-6911-3766 (事務局)

お問い合わせCONTACT